【合法民泊大家】「賛否民泊を社会実験する…」成功の本質/ツボ/コツ/ネタ 888。人生100年…次世代「民泊力」が生み出す「資産形成/本業副業/心身健康/自由時間/年齢不問/肩書無用/国際交流/地域再生/家族円満/生涯学習/遊興三昧/一期一会」。Airbnb最速スーパーホスト 一軒家貸切/天然源泉付き/簡易宿所/熱海温泉ハウス編 【3年間の実験で閉鎖するブログです】

▶“コネ・カネ・ヒト・ノウハウなし”から「黒字」合法民泊を運用、「遊び」ながら運営する方法を徹底研究中 ▶得たもの「安定収入×独自ライフスタイル×地域貢献」▶こんな方向き..空室が創れる方・サラリーマン・OL・公務員・社長・農家・政治家・投資家・飲食業・不動産業オーナー・ホテル・旅館・遊休不動産・空き家・別荘・お寺 神社・役所・町会・主婦・副業者等 ▶物件運営代行ok ▶合法民泊大家(年の9割はモーリシャスなどに海外移住。趣味は日本刀、猟銃、和服、三味線、温泉、お茶屋、ひだまり。余生、俗物俗人、無用。得度

いま熱海出発「国慶節・中国人」観光宿泊者【ご注意】訪日外国人への"個人や組織"の賛成反対・好き嫌いは、表現しだいで"差別的 反社会人"の認定・調査・逮捕?を受ける時代へ。"インバウンド"の本質を知る学ぶ。

◼︎小さな小さな熱海温泉ハウス。小さな小さな地球体験場になっています。気軽な多様性。国家、人種、思想、宗教を超えた集い場になっています。熱海温泉ハウスの物件詳細は編集後記にあります◼︎

 

おはようございます。

 

熱海の自然、文化、集う人が大好きな「合法民泊大家」です。

 

「合法民泊」×「訪日外国人」

 

 

中国の国慶節(日本のゴールデンウィーク)の大型連休が昨日の10月1日から始まりました。

 

熱海温泉ハウス。いま。

個人旅行の中国人家族4名がチェックアウト。電車で大荷物ごとの移動旅をされています。

 

f:id:gouhouminpaku:20181002082923j:plain

※熱海温泉ハウス前の熱海市

 

インバウンド。

簡単にいうと、外国人がたくさんある海外の中から、日本の"なにがしかに関心"を抱き、来日訪日してくれること。

 

f:id:gouhouminpaku:20181002083011j:plain

 

賛否?善悪?正邪?は、各所データやポジショントークに基づきまた書きます。

 

熱海温泉ハウスの中国人宿泊者は、かなりマナーとルールを知られている方々が多くなりました。

(ここ1年での日本式への認知や改善行動が向上)

 

f:id:gouhouminpaku:20181002083314j:plain

※日本人もかつてそうだったよね。一部?のヨーロッパやアメリカ人からは、旅行に行けば煙たがれるたりしてた。マナーなくトンチンカン。忘れてる世代が、いまや日本へのインバウンド人に自己本位すぎで手厳しい?

 

 

記事にあるように、中国からは、団体旅行でなく、個人旅行で、政府が統率している環境で、自分たちで日本情報を収集して、考え、交渉し、予約をし、来日し、食べ、買い、観て、体験して、動く自立した中国人たちだ。

 

f:id:gouhouminpaku:20181002083331j:plain

※富裕層に限っていたビザ発給は、人口分母が数億人の、、急増する富裕層増に対処

 

 

まだ?中国人のイメージはあまりよくない?ようです。

 

熱海温泉ハウスに来る方々を観ると、話すと、、経済的にもゆとりがあり、高学歴な人も多く、いわゆる日本を敵視?している人もほぼいない。

 

f:id:gouhouminpaku:20181002083350j:plain

※ビザの発給、要件の緩和の影響

 

 

熱海においては、大きい〜中規模ホテルや旅館のオーナーやマネージャーに聴くと、一気通貫で、中国人の団体旅行をツテや紹介ルートを活かして、満室になる影響は大のようです。

 

f:id:gouhouminpaku:20181002083411j:plain

 

これらの外需や内需を研究、分析、実験していくと、、

 

"海外人が来なくてよい"としての地域は衰退、消滅へ向かうことはほぼ決まりということが、

 

個人や組織の意思や活動に関係なく、

日本国の高齢化少子化や財政から、確定。

 

もし、その確定からハズれるとしたら、

海外人より、目立つ、イっちゃってる日本人?が特化して、その地域で特殊な?活動してもらうしかない。

 

f:id:gouhouminpaku:20181002084028j:plain

 

 

環境に一喜一憂する必要はありません。

しかし、ダーウィンが言ったように、時流に適応するアンテナとアクションは、

 

変えてはいけないモノを維持したうえで、ある程度必要なのではと思います。人間も自然界の一部で動物ですから。

 

 

いま、海外と日本国内に住んでいて、自分サイズでありながら、黒字事業をして、宿泊観光にも、プレイングマネージャーオーナーである人間からの視点は…

 

いま「中国人」観光宿泊者に限らず、

外国人への"個人や組織"の訪日に賛成反対・好き嫌いは、、その表現しだいで、差別的で"反社会人"の認定を受ける時代へなるということ。

 

国際&人権問題や地域評価が最低になる可能性もあり、メデイアもオトナの事情を忖度しているケースが多々あるよう。

 

 

日本国内で、関西人、関東人、沖縄人、、などの線引き偏見?をする人々の感覚と同じ。

 

国家や人種を超えた、"オールボーダレス"時代の到来。それは、目に目に見えて、意外と早い。

 

民泊もカタチを変えた"時流の申し子"の一つ。

 

※記事は、"やまとごころ"さん。

 

 

◼︎編集後記◼︎

 

小さな小さな熱海温泉ハウス。

 

中国人、アメリカ人、ヨーロッパ人とか、意識せずに運営しています。

 

 

近未来。

関わらないようにしても、仕事や生活で、必ずぶち当たる、

 

大きなビッグウェーブ

 

乗り切るか、飲み込まれるか?

 

 

やり方しだい、出逢いしだい、自分しだい。

 

 

なにかと"運用・運営"には、"選択と集中"が必要です。

 

しかし、なにかに迷い悩み、偏りすぎて"運用・運営"するのは非常に危険です。

 

さらには、

地震、自然災害、事件、自己、政治変化、法律、流行、作為的なデジタル情報洪水などなどで、、運用・運営の環境や条件、現状は一変します。

 

 

まずは、、なにが起きても潰れない。

存在、続けられること。

 

希望的観測(バクチ)だけのような運用・運営・経営はしない。

 

主観やスタイルはさまざま。

優劣、善悪はありません。

 

が、ハッキリしていることは、個人も組織も潰れたら死んだら、社会ではゲームオーバーです。

 

また、どんなに"自分は平和主義者"と唱えたとこで、、

 

現実社会に生きている、存在しているかぎり、

こちらの意思に関係なく、成功すればするほど、、

 

なにがしかに、潰されにこられる(主観として)ことも想定しての予防対策は必須。

 

だれがしているのか? そして縁すべきか?

 

目利き力と行動力。

 

Up to You