ナマケモノでもできた【合法民泊大家】「民泊を実験する」…「老後も地域も自己責任」自分ライフスタイル&不動産資産形成・資産保全「ツボ/コツ/ネタ」888。 Airbnb最速スーパーホスト 源泉付き/一軒家貸切/簡易宿所/熱海温泉ハウス編 【3年間の実験で閉鎖するブログです】

▶“コネ・カネ・ヒト・ノウハウなし”から「黒字」合法民泊を運用、「遊び」ながら運営する方法を徹底研究中 ▶得たもの「安定収入×独自ライフスタイル×地域貢献」▶こんな方へ..空室が創れる方・サラリーマン・OL・公務員・社長・農家・政治家・投資家・飲食業・不動産業オーナー・ホテル・旅館・簡易宿所・遊休不動産・空き家・別荘・お寺 神社・役所・町会・主婦・副業者等 ▶日本・海外物件運営代行ok ▶合法民泊大家Gさん(海外移住。趣味は日本刀、猟銃、和服、温泉、お茶屋、モーリシャス国、ポルトガル国、エストニア国。得度

実録成功例「民泊ビジネス」参入ならいま。民泊新法(住宅事業宿泊法)開始。

新しい・愉しい・稼げる「合法民泊」という仕事スタイル(仕組み)

誕生しているのご存知ですか?

 

「合法民泊」。

 

個人生活を、いまより豊かにしたい。

今ある組織に少しでもプラスにしたい。

地域で問題なく活用できるならしてみたい。 

ガッツリ収益狙いで、投資事業として利回りを確保したい。

 

そんな方に向いています。

 

 

今回の法改正の視点の前に一言。

(賛否・善悪・好き嫌い・損得観などの二択論が生まれる要素があります。

意味が分からない方はスルーしていただけますと幸いです)

 

 

そもそも「民泊」。

 

やり方次第(=ツボとコツを押し間違えない)で、

八方良しの「合法民泊」ビジネスに転じていく可能性が極めて高い。

 

実体験や実例に基づいて、

自分の“意”に関わらず生まれていると思う価値は...

 

A.自分が合う人、伝わる人、伝えたい人だけと関係を持つストレスフリー価値

B.個人・組織・地域・国家収益増と支出減の経済価値

C.心身・健康・体験・異文化・自然四季などを現場で学べる培える教育価値

D.年配の方々や未来の子どもたちへの交流・継承価値

 

八方良しとは、

 

①個人

②組織

③地域

④国家

⑤外国人

⑥年配の方の生きがい

⑦未来の子どもへ明るい社会

⑧地球に優しい(エコにつながる)

 

に良い!

 

「経済力・心身力・共育力」が、

オリジナルな表現力と自立力で培える。

 

(もちろん、新しい有益・成幸行動につきものである、さまざまな懸念やリスク対策、複合的な諸問題は、ともに”問う、交わる、改善、行動”していくべき)

 

 

余談ですが、副産物としての伝わりあえる民泊英語・民泊英会話」。

 

「民泊英語」「民泊英会話」は、

「合法民泊」事業の影の主役と云ってもいいかもしれません。

 

先日のテレビ放送「ガイアの夜明け」でも、

その影の主役ぶりが、いかんなく発揮されていました。

(後日内容記載します)

 

日本繁栄存続?の一つの危機感ともされる異文化交流とその言語。

 

日本国主導、大学や民間教育が力を入れても

なかなかうまくいかない語学(特に伝わりあう英語・英会話)にも

一役買います「民泊」は。

 

本来の語学の活用目的と得たい希望や利益を、自然かつ強烈に学ぶことができる仕組みなのです。

(熱海温泉ハウスは”伝えあえる英会話実践法”を別事業で徹底的な語学学習法・独学法の密度にこだわり行っています。近く記載します。)

 

それらが「合法民泊」のもう一つの顔なのです。

 

 

ーーーー 今回の法改正の視点からだと、、

 

政界・財界・地域組織・大企業・個人民泊営業者も活況です。

民泊新法(住宅事業宿泊法)開始、水面下ではマグマがスゴい状況なのです。

 

 

民泊のルールを決めた民泊新法(住宅宿泊事業法)が

2018年6月15日から施行されます。

 

「民泊」事業に関係してくる人が絶対に知らなければならない

法律・関連条例が民泊新法(住宅宿泊事業法)です。

 

「合法民泊」営業ビジネス、運用、運営するには

民泊事業者の届け出が必須になります。

その受付が、先日、2018年3月15日に受付開始。

 

「民泊」を巡る諸問題やビジネスはかなり活発化してきます。

日本国が先導する「合法民泊」。

 

 

現場の「合法民泊」運用運営への影響は?

 

官公庁が発表した訪日外国人消費動向調査。

2017年の消費額。過去最高記録を更新した、

2017年の訪日外国人旅行消費額は前年比17.8%増の44161億円。

消費名目は、買い物が37.1%、宿泊料金が28.2%、飲食費は20.1%となっています。

 

 

「合法民泊」関係者やこれから「民泊」事業を見据える方々の注目点は、

宿泊料金を抑えたい、そして重要なのが、そこの物件・人・地域・文化・自然などを実体験したいと考える外国人の方々や日本国内日本人の方々が、どっと「合法民泊」に流れ込むのです。

 

ここは「合法民泊」を運営する上で、キモとなりツボなのです。

 

資本力がある”大手組織や有益権力者とも、

どんなに”資本や規模が小さくても対等以上にに渡り合える”、

いな、大手組織がアタマを下げてくることすらある

面白い仕組みが「合法民泊」事業なのです。

 

外国人や日本国民自体が「合法民泊を活用する、激増する可能性」は、

ほぼ100%であるということ。

 

それは、”環境・条件・やり方次第”では、

商売としても、ライフワークとしても成功が約束されたようなもの。

 

この辺りは、今回の民泊新法(住宅宿泊事業法)により、

名だたる企業が参入してきていることからも明白で確定的です。

 

これは、新しい経済活性化の仕組みが生まれ、やり方次第で、

各位の収入が激増するということ。

 

しかも、いまは先行者利益的になる可能性が高い、

数少ない一般の人でも参入できる事業なのです。

(動静として、天変地異や大きな事件事故、悪しき法改正などがない前提)

 

 

民泊新法(住宅事業宿泊法)が全国解禁となると、

外国利用者の民泊を利用する機会が必ず増えていくのもそうですが、

 

1億人以上いる日本国民にも、仕事・余暇・生活などに

大きな影響を与えてきます。

 

さらに”日本政府”は東京五輪が開催される

2020年の訪日外国人旅行者消費額を8兆円とする目標を掲げており、

民泊市場は相当大きくなると予想される。

 

8兆円・・・!?

これは何を意味しているのでしょうか?

 

そのままの数字を鵜呑みにしたり、賛否評論などいりません。

間違わないやり方(=すでに実証済みの仕組み・システム)で

 

やるか?やらないか?

 

どちらも自己選択できます。

その結果、8兆円と云われている中から

分配益?が自分のモノになる可能性があるのです。

 

現在の日本国内の

仕事環境・労働雇用環境・保証・未来への不安、不満、不信はどうですか?

 

いまなら「合法民泊への参入」は、感じる悪ストレスを無くし、

自立ができる可能性がある「魔法の杖」かもしれません。

 

ちなみに 熱海温泉ハウスは、右も左もわからないまま、

わずかな一歩を踏み出し、今回の「民泊」事実上、失敗も成功につなげ、

「継続収入×自分ライススタイル×地域社会貢献」の小さな土台を作ることに

成功しています。

 

そもそも、”民泊”は普通の家などで宿泊のサービスを提供していくこと。

 

これまでの日本は宿泊料を受け取って人を宿泊させるには

旅館業法の許可が必要でした。

適切な衛生管理や保健所、消防法、建築基準法などの申請・検査・許可など、

様々な条件をクリアしなければならなかったのです。

 

それが今回の法改正で、一気に参入障壁が下がったのです。

さまざまな既得権益や有害と言われる人々も生まれていますが、

自分が住む”日本国家”が最優先事項の一つとして主導・先導している

「合法民泊」の大きな時流には逆らえないのではないでしょうか?

(大きな時流に反する細かいいろんなことはありますので、今後記載していきます)

 

周囲をみてみる。情報を収集してみる。

他の事業を始める、投資する、管理するリスクや損失を

はるかに低く始められることもできるのが「民泊」です。

 

民泊新法は特区民泊にある「23日以上」といった最低宿泊日数制限はなく、

現行法ではできない住居専用地域で、合法的に民泊の営業ができるようになります。

 

「合法民泊」を行うハードルは相当低くなった一方で、

現在、相当数にのぼるとされるヤミ民泊」に対する取り締まりは

一層強化さるようです。逆に言えば、正規の「合法民泊」運営者から観ると願ったり叶ったりです。

 

いずれにしても長く続けることはできない「ヤミ民泊」屋も、正規への岐路に立たされて、「合法民泊」でも、まだ”大きな利益を得れる”パイはあるので、事業モデルの転化時期にきているようです。

 

 

民泊新法(住宅事業宿泊法)は、各市町村などの条例にも深く関与してきます。

各市町村の条例も「合法民泊」事業ビジネスを運用・運営していく上で、

最重要課題なので、おってまた記載します。

 

 

今回の法律改正による「合法民泊」運営者への影響。

 

私たちに、知らず知らず直接・間接的に影響を及ぼしている

大企業やベンチャー組織などの動向は、

 

特に民泊関係者にも重要なので、株式銘柄などからみた

”失敗しない「合法民泊」営業の仕方”なども、今後記載していきます。

 

■■■■ 編集後記 ■■■■

熱海温泉ハウスでは、「合法民泊」(旅館業法・簡易宿所許可)における

現場で毎日奮闘し、豊かな心身と経済的、仲間的に環境を創り上げていっています。

 

昨今、冷ややかなニュースや社会環境が多いとされる中、

こんなに豊かな日々を送らせていただき、人・地域・国・自然に感謝しています。

 

 

ともにすすめてみませんか?「合法民泊」。

 

 

単なるビジネスでも、それ以上のものとしても、

100年に一度の大改革であり、チャンスです。

 

ともに ”富みて学び、学びて富む”

おだやかに、自分サイズで、愉しみましょう、人生。

 

 

その「民泊」事業とは...

 

やり方次第(=ツボとコツを押し間違えない)で、

八方良しの「合法民泊」ビジネスに転じていく可能性が極めて高い。

 

実体験や実例に基づいて、

自分の“意”に関わらず生まれていると思う価値は...

 

A.自分が合う人、伝わる人、伝えたい人だけと関係を持つストレスフリー価値

B.個人・組織・地域・国家収益増と支出減の経済価値

C.心身・健康・体験・異文化・自然四季などを現場で学べる培える教育価値

D.年配の方々や未来の子どもたちへの交流・継承価値

 

八方良しとは、

①個人

②組織

③地域

④国家

⑤外国人

⑥年配の方の生きがい

⑦未来の子どもへ明るい社会

⑧地球に優しい(エコにつながる)

 

に良い!

 

「経済力・心身力・共育力・文化力」が、

オリジナルな表現力と自立力で培える。

 

(もちろん、新しい有益・成幸行動につきものである、さまざまな懸念やリスク対策、複合的な諸問題は、ともに”問う、交わる、改善、行動”していくべき)

 

 

 

ご参考 Airbnb の熱海温泉ハウス(合法民泊/簡易宿所)ページです

www.airbnb.jp

 

 

Airbnb 最速レベルでスーパーホストに昇格

100m2で、月110万以上を達成中(宿泊単体売上のみ/家賃相場15万円)

連続宿泊者日数100日以上を記録更新中

 

熱海温泉ハウスキーワード 

伊豆熱海/社員・家族・恋人・女子会・開発合宿・ビジネス合宿/ 読書本10000

湯治旅行/不動産投資下見旅行/移住確認旅行/マリンダイビング 釣り/ 

一棟貸切/源泉温泉露天風呂/海山川・歴史的神社 お寺 美術館 文化施設 徒歩圏/

一年中 熱海海上花火大会/梅 桜 紅葉/ 熱海駅 来宮駅 買い物 温泉プール 徒歩圏/

最先端大型病院 多くのクリニック 児童・学生教育環境 徒歩圏/

 

 

熱海温泉ハウスは、「コネ、カネ、ノウハウ、ヒトなし」から始まっています。

 

喜怒哀楽・人間模様・社会という大海で、

味わったことのない水・風・光・嵐・自然に溺れることなく、

今に到ることができました。 

 

民泊専門(大中小の代行)業者が1ヶ月持たず逃げだすくらい、

ステージゼロでの収益とライフワークモデルを完成させました。

さらに進化させている過程です。

 

合法民泊の運用無料相談サービス。

 

週末限定の広報広告リスティングや集客管理、

フォローなどを無償で行います。

 

早く、確実に、良い結果を生み出すために

物件の概要をまず確認します。

 

ご連絡は実名が最善ですが、匿名でも可能です。

個人でも組織でもかまいません。

(お問い合わせフォームよりご連絡ください)

========

 

期間限定で上記無料相談サービスを行っているのは、

私サイズに合う双方にとって、

有意義な仲間が増えることは愉しいことであり、 嬉しいことだからです。

 

すでに物件をお持ちの方、民泊運用で活用したい方限定。

物件をお持ちでない方の相談は、随時このブログなどで告知しています。 

 

また、すでに熱海温泉ハウスより素晴らしい物件や

ご批評、収益、規模、人材、思考、ノウハウ、情報を

お持ちの方もおられるでしょう。

そういう方はスルーしていただいてかまいません。

 

========

 

私たちが数千時間、数千万円をかけ、数千人のゲストなどとの触れ合いで、

編み出してきている、

合法民泊の運用を成幸させるノウハウ・スキルがあります。

 

「失敗の研究と改善」(=成功の研究)を徹底的にしてきています。 

「合法民泊」で失敗しない法則(=成功するしかない)がありました。

 

それは、だれと? 付き合うか??

 

それで、全ての成果が決定” されます。

 

その条件は6つ。

 

一次情報者か?

自ら物件を所持しているか?

自ら研究と実践した知識と智慧と体験価値で語っているか?

最終意思決定者で、最終的なリスクを全てとれるのか?

実体に三証(理証・文証・現証)があるか?

笑顔が自然体か?

 

です。

 

極論。 誰と付き合うか?

 

本件も、仕事も、恋人も、成幸も、未来も、これが全てです。

人生の幸不幸を決めている... ”誰と付き合うか?

 

出逢いを大切にしていきたいと思います。 

 

合法民泊大家さん Gさん

 

合法民泊大家 Gさん 海外移住。趣味は、日本刀、猟銃、和服、温泉、お茶屋、モーリシャス国、ポルトガル国、エストニア国。得度している。

 

f:id:gouhouminpaku:20180326094715j:plain